ニュース・更新情報

2014年2月19日
オプテックス・エフエー株式会社
システム事業部
マルチポイントでの高さ計測が可能な
ローコスト3D画像検査装置3D-Eye30シリーズ発売。

 オプテックス・エフエー株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:小國勇)は2014年2月末に、JFAS(ジェイファス)ブランドのローコスト3D画像検査装置3D-Eye30シリーズを発売します。
 当製品は、X、Y軸方向にZ軸(高さ)を加えた3次元の計測を、より簡単・低価格に行える画像検査装置です。ワンショットで複数ポイントの高さ情報を瞬時に獲得できるのが特徴です。

 カメラヘッドには2つのCMOSセンサとパターンプロジェクタを搭載したマルチアクティブステレオカメラを採用。ランダムドットパターンを投影した検査対象を2つのカメラで別角度から撮影することで、距離測定が難しい無地のワークでも3D画像を正確に得ることができます。
 このカメラヘッドに加えて、高さや傾斜の判定機能を備えたPC用ソフトウエアおよびコントローラを標準で装備しています。またオプション品として、タッチパネルやI/Oユニットを用意しています。
 用途としては、食品業界での箱内の定位置・定量確認、自動車部品業界でのクランプ部品姿勢検査をはじめ、多彩な業界・用途を想定しています。

 システム販売価格は、工事・オプションを除く最小構成で100万円(税別)からです。

 今後もオプテックス・エフエーは「JFAS(ジェイファス)」ブランドの画像検査装置を開発し、幅広い業界において品質向上を提案していきます。

製品写真

3D_Eye30シリーズ

アプリケーション

アプリケーション

ラインナップ

  N10-1610-18
最小分解能モデル
N10-804-18
標準モデル
N10-304-18
最大広角モデル
ワークディスタンス 280mm 700mm 1500mm
視野 46×41mm 346×243mm 1700×1200mm
Z軸分解能 0.03mm 0.45mm 4.7mm
XY軸分解能 0.09mm 0.51mm 3.4mm
カメラ解像度 752×480 画素
フレームレート 最大30fps

国内販売数目標(年間)

100台

主要販売先

自動車業界、電機業界、医薬業界、食品業界

本件に関するお問合せ先

オプテックス・エフエー株式会社
システム事業部(E-mail: jfas@optex-fa.com
〒141-0031 東京都品川区西五反田4-32-1 東京日産西五反田ビル10F
TEL: 03-5740-7521 FAX: 03-5740-75245