3D-Eye30シリーズ

製品情報トップ
効率的なピッキング、デパレタイズを実現する。

3D-Eye30シリーズは、ステレオカメラの3D計測によりワークの位置姿勢を認識するシステムです。
従来の2Dカメラでは不可能だった高さと位置の同時認識により、ロボットピッキングの効率化を実現します。

ロボットビジョン専用ソフトウェア
マルチアクティブステレオカメラ

バラ積みワークのピッキングに最適

● 積まれたワークを上から順にピッキング

2Dカメラの場合、パターンマッチングにより一致したワークをピッキングしますが平面座標の認識のみとなり、積み重なったワークを上から順にピッキングすることは不可能です。
3D-Eye30であればワークの高さを含む空間座標をワンショットで認識可能。積まれたワークを上から順に効率よくピッキングできます。



積まれたワークを上から順にピッキング

● ワークにコントラストがなくても認識可能

3D-Eye30シリーズは、ステレオカメラにより多点の高さ情報を取得できるため、背景の色に左右されず、ワークの過不足や位置のズレを検査することができます。


ピッキング対象物の生画像

多彩な使い方

● カメラ固定式・ロボットハンド方式に対応

カメラ固定式により、シンプルな構成と安定した動作を実現します。
またロボットに負担をかけないカメラ重量・サイズにより、ロボットハンド方式にも対応。
カメラ位置を選べるため、最適な視野位置を選択可能。ロボットハンドの届く範囲はすべてカバーできます。
またロボット座標で点群を出力できます。



ハンドアイ・カメラ固定に対応

● 2Dカメラとの組み合わせも可能

3D点群データと2D画像との融合により、位置や姿勢だけでなく、2D画像処理との組み合わせも可能です。
例えば2Dカラー画像で欠陥領域を切り出し、その座標を3D点群データで得るといったような使い方が可能です。

2Dカメラとの組み合わせも可能

● 動いているワークにも対応(ワンショット)

豊富な光学バリエーションにより、狭い範囲から広い範囲まで対応可能です。
またワンショット撮像のため、動いているワークにも対応可能。

簡単キャリブレーション

● 座標合わせ方法

カメラ固定式、ハンドアイ方式、ワークスペースキャリブレーションなど様々な座標合わせ方式に対応。


座標合わせ方法

● カメラ内部パラメータ

カメラ内部パラメータは、工場出荷時に決定(Nシリーズ)、 ウィザード形式で簡単設定(X,XRシリーズ)。

産業用向けの高信頼性設計

● 堅牢な設計(耐衝撃、耐振動)

振動(正弦波)IEC 60068-2-6 30-500Hz / 10G
衝撃 IEC 60068-2-27 80G/1.9ms, 25G/6ms


● IP65/67対応

粉じんの侵入防止および防噴流、防浸(IP65/67)に対応
(N30,N35,X,XRシリーズの該当モデル)。

● 組み込み用途対応

Windows、Linuxに対応。PCをはじめJETSONボード、GPUにも対応し、組み込みニーズに応えます。


● APIのサンプルプログラム付属

お客様にてアプリケーションプログラムを作成する場合、カメラ付属のAPIのサンプルプログラムがあります。
対応言語:C、C++、C#(.NET/CLI)、VB、HALCON

ムービー 3D画像検査導入事例
「ロボット搭載ムービーはこちら」
資料請求 お問い合わせ