素材外観検査装置

製品情報トップ

3D画像検査装置 3D-Eye35000 シリーズ2D-Eye

3D-Eye35000シリーズ

素材外観検査装置

ミクロン台から長尺ものまで、幅広い素材における表面形状と色調検査を同時に対応できます。専用設計の特殊光学系を使用することで、幅広い素材の検査で超精密測定が可能となります。

ミクロン台から長尺ものまで、幅広い素材における表面形状と色調検査を同時に対応できます。専用設計の特殊光学系を使用することで、幅広い素材の検査で超精密測定が可能となります。

金属素材検査

薄ものから長尺ものまで鋼板におけるキズ、ゆがみ、反りなどの形状不良の検出や表面精度を計測。精密成型金属などの表面検査と形状検査にも応用できます。

木材検査

大型システムの構築により、木材など自然素材などの測定も可能。3次元測定の応用により、裁断の自動化や色目データによる検査、グレースケールでは難しい節の検出とともに、木目がある中での平面度検査も展開可能です。

ガラス・樹脂材検査

ガラス材や樹脂などの透明体においても外観形状の検出を実現。応用として独自開発の専用光学系を使用することで、ガラス表面の液体や接着剤の検出、透明体の上の透明体検出も可能です。

建材検査

バスルームなどで人の肌に触れるタイルは50μm程度の表面突起においても不良として検出する必要があります。“3D-Eye 35000シリーズ”なら表面のデザイン模様など一切の色情報を排除しながら突起不良の検出が可能です。

シート材・フィルム材検査

シート材や金属膜などの表面形状・色調検査を同時に対応。表面の気泡、しわ、荒れなどの定量化および検査を行います。フラットケーブルのような表面形状でも全体のゆがみだけを統計的に特徴抽出ができます。また、フィルム表面のたわみやうねりをリアルタイムで検知します。

検査対象別ページ

3D画像検査技術解説3D画像検査導入事例
資料請求 お問い合わせ